ポタ子心得 - 実践編

ポタ


ポタメモを取る

ポタ子の仕事は、まずGv前に最初のポタメモを取得してくることから始まります。
通常は、ギルドのポタ管理の担当者やギルドマスターから必要なメモの場所を
指定されますので、間違えずにきっちりメモを取っておきましょう。
ポタはスキルレベル最大のLv4で3箇所のメモが可能なため、
3箇所分めいっぱいのメモを取得することになります。

ポタメモの候補になるのは、各砦の入口前や、修理工NPCの近くなどです。
修理工NPCは、一般的にはフェイヨンのNPCになります(ポタ直通可能な屋外にいるため)。
砦は全部で6地域、各地域5砦ずつで、計30箇所存在しています。
この中からギルドのお好みで3箇所が選択されます。

ヴァルキリーレルム (V) ルイーナ (L) チュンリム湖 (C) ブリトニア (B)
map_v.png map_l.png map_c.png map_b.png
ヴァルフレイヤ (F) ニダヴェリール (N)  
map_f.png map_n.png  

各地の名称の後ろにあるアルファベット+砦番号を略称として使います。
例えば「V1」といえばヴァルキリーレルムの1番、「N3」といえばニダヴェリールの3番を指します。

上段の4地域はFE(First Edition)、下段の2地域はSE(Second Edition)と呼ばれています。
SE砦はFE砦に比べると砦の面積が広く、バリケードや守護石といった新しい防衛要素が
導入されていることから、比較的人数が多めのギルド同士の戦場になっています。
逆に、小規模のギルドであればほとんどFE砦で過ごすことになると思います。
このような場合はFE砦のポタのみで済み、SE砦はまったく使いません。

メモを取る位置は、砦の入口のワープポイント(WP)から数歩離れた場所で大丈夫です。
むやみにWPに近づけすぎてもあまり移動時間の短縮にはなりませんし、
かえって砦前での集合や支援がしづらくなるだけなので、気をつけてください。

ブリトニア地域では、入口WPが複数ある砦が存在します。
指示がなければどの入口でもあまり大きな差はありませんが、
不安ならばポタ指示の人に聞きなおした方が安心です。

ポタを出す

ベースキャンプで、ギルドメンバーに対しポタを出します。
一般的には、ベースキャンプの「どの地点にどこの砦のポタを出す」ということが決められています。
メイン戦闘先となる砦のポタは、ギルドメンバーがベースにいる時は
可能な限り常時出しておくようにしたいものです。
派遣が開始された場合も、メインポタと同じ感じで常時出しておきます。
偵察先などのポタは、偵察要員の人から要求が来ますので、
その都度偵察先のポタを出すようなスタイルが一般的かと思います。

ポタの仕様

  • スキルレベル
    • 最大4。レベル調節不可。

  • ポタ個数
    • ポタは1度に3つまでしか出すことが出来ません。
      既に画面上に3つのポタが出ている場合、4つ目を出そうとしても「スキル使用失敗」になってしまいます。

  • 効果時間
    • Lv4のポタは持続時間が25秒あり、この間、画面上に残り続けます。
      上記のポタ個数と併せて覚えておきたいところ。

  • 定員
    • ポタには8人までという定員が決められています。
      1つのポタにたくさんのキャラが乗っていった場合、8人までは移動することが出来ますが、
      9人目以降は乗っても移動できません。
      また、この移動不可となったポタも25秒経たないと消滅しないため、出したポタが3つとも定員に達してしまうと、
      はじめに出したポタが消えるまで、次のポタが出せなくなってしまいます。
      ギルドメンバーの人数が多く、1度に大人数が移動する場合は注意が必要です。
      転戦直後などはこのような状態に陥りやすいので、頭に入れておきましょう。

メモの取り直し

  • Gv中は、戦闘の状況に応じて戦闘地域となる砦が変わることがあります。
    ポタメモは3箇所までしか取得できませんので、この場合手持ちのポタを
    別の砦のポタに変更する必要が発生します。

  • 一般的には、ポタを管理する人からメモを変更するように指示が出されます。
    指示があり次第、該当の砦の入り口前に向かってメモを取り直してください。

  • メモを取るコマンドは「/memo」です。
    目標地点に到達したら、ぱぱっとコマンドを打ってテレポでベースキャンプに戻りましょう。

  • メモの取り直しで砦MAPへ行っている間は、ベースキャンプでは
    あなたの担当していたポタを出す人がいなくなっていることになります。
    メモの取り直しは迅速に、かつ確実に遂行しましょう。

  • メモの変更が完了したら、必ずポタ管理の人に
    「○○砦のメモを○○に変更しました」などと伝えてください。
    取り直しが終わったのか終わってないのか分からないと、
    ポタ管理の人も、ポタに乗る人たちも混乱してしまいます。

支援

ポタを出すだけがポタ子のお仕事ではありません。
ベースキャンプにはサンクを敷き、ポタに乗る前のギルドメンバー達に支援をかけることが要求されます。

  • 速度増加
    • アコライトスキル。Lv10で消費SP45、持続時間240秒。
    • 主に移動速度増加のためで、全ての職に対して非常に有効です。
    • スタートダッシュや転戦直後といった場面では、きわめて重要です。全員にかけましょう。
    • シーフ系やアーチャー系にはFlee増加も期待できます。
    • 移動速度だけならアイテム(馬牌、ペコペコのヘアバンドなど)で代用でき、
      また砦内で妨害スキルを受けて速度が減少させられることも多いため、
      場合によっては省くのもあり。
  • ブレッシング
    • アコライトスキル。Lv10で消費SP64、持続時間240秒。
    • Str, Int, Dexが+10されます。多くの職に有効。
    • 詠唱速度や攻撃力の向上が主目的。
      特にマジシャン系にとっては恩恵が大きいので、できる限りかけましょう。
  • キリエエレイソン
    • プリーストスキル。Lv10で消費SP35、持続時間120秒。
    • Skill Lvと対象のMaxHPに応じた耐久度を持つバリアを張ります。
    • 即死を防ぐ防御スキルとしてはお手軽で優秀なので、高Lvを取得している場合は積極的に使ってください。
    • スキルの特性上、MaxHPの高い剣士系にかけることで特に優れた効果を発揮します。
  • アスムプティオ
    • ハイプリーストスキル。Lv5で消費SP60、持続時間100秒。
    • Def、Mdefを2倍にするスキル。
    • GvGではDefに依存しない攻撃スキルが多いため、以前に比べ有効度は下がりました。
    • キリエと競合し、後からかけた方のスキルで上書きされます。注意。
  • サクラメント
    • アークビショップスキル。Lv5で消費SP180、持続時間180秒。
    • 持続時間中、スキルの固定詠唱時間を半分に短縮するスキル。
    • 取得には最低でもアークビショップJob32が必要と、取得条件はかなり厳しめ。
      使いこなせるポタ子さんはとても歓迎されます。
    • 固定詠唱を持つスキルはほとんど3次職スキルに限られるので、使う対象はよく見ましょう。
      ウォーロック、アークビショップ、ミンストレル、ワンダラーあたりには特に効果大。
      反面、ほとんど意味のない職もいます。
    • 自分にかけておくと、サクラ自体の詠唱時間も短縮されて少し楽に。
    • 消費SPが甚大なため、S4Uがないと常用は厳しいと思います。

臨時雇用について

ポタ子は各同盟で毎週固定で参加する人(専属)だけでなく、外部の人を
その週だけの臨時雇用という形態をとるところも多いです。
同盟ごとに色々な特色があるので、雇用前に以下の点は確認しておきましょう。

  • 同盟の名前・概要
    • 基本事項その1。
      Gvは同盟同士の戦いとなりますので、自分の参加同盟はどこなのかぐらいは把握しておきましょう。
  • 同盟人数・規模
    • 基本事項その2。その同盟全体が何人いるか、ポタ子は全員で何人いるか、あたりの確認はしておきましょう。
    • ポタ子のキャラ性能や当日の展開にも左右されますが、ポタ子1人に対し、同盟人数30人±10人前後が
      面倒の見切れる限界範囲だと思います。
    • 人が多いと支援対象が増え、また同盟規模が大きいので、多数の砦を獲りにいきます。
      もちろん、ポタメモがたくさん必要になります。
    • 同盟人数に対し極端にポタ子が少ない場合、重労働を強いられる可能性があります。注意。
  • 当日の集合場所・時間
    • 基本事項その3。多くの場合ベースキャンプに、Gv開始の30分~1時間程度前に集合します
      (事前打ち合わせ等のため、早めに)。
    • ベースキャンプが僻地の場合、雇用主ギルドがたまり場からポタを出してくれるケースもあります。
  • 緊急連絡先
    • 一般的にはGv開始前(前日など)にあらかじめ雇用の募集をしますが、
      Gv開始前に不測の事態があった場合、何らかの形で連絡を取れるように
      しておくことが望ましいです。
    • ゲーム内Wisがお手軽。不安な場合はログイン率の高いキャラで友達登録を推奨。
      同盟側のポタ子雇用担当者の名前も要確認。
    • IRCやメッセンジャー、Skype等の外部チャットツールを使うと、より確実です。
      ただし、初対面の方の場合はゲーム以外での干渉を望まない人も多いので、控えた方が無難です。
  • 経費・報酬
    • お金が絡む話は重要です。
      同盟によっては基本給だけでなく、砦獲得数に応じたボーナスや、2PC支援キャラ手当てなど、
      何かしらのプラスがあるかもしれません。
    • 経費は青ジェムが基本となりますが、場合によってはSP回復の宿を使うかもしれません。
      どこまで支払いしてもらえるか、確認しておくと安全です。
    • どうしても心配であれば、説明を受けている時の会話ログをSSに撮っておけばいいと思います。
      (未払いや不当な減額は同盟にとって自らの評価ダウンにつながるので、基本的にあまりないと思います)
  • ポタメモ先
    • 最初にメモをとる砦の確認。当日、直前に指定されるケースもあります。

  • 最終更新:2011-10-08 05:31:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード